新鮮な海鮮丼を堪能!函館朝市ドンブリ横丁

まるで食のテーマパーク!函館朝市どんぶり横丁とは?

食・自然・観光など、他県に負けない魅力がいっぱいの北海道。人気の観光地が多い北海道ですが、中でも函館は、海に囲まれており一年を通して新鮮な魚介が味わえ、北海道新幹線が開業し本州からのアクセスがさらに良好になるなど、魅力を増し続けているまちです。そんな函館を代表するグルメスポットといえば、「函館朝市」。「函館朝市どんぶり横丁」は、早朝から地元の人々や観光客で活気溢れる函館朝市の一角にあります。横丁の中には、バラエティ豊かな飲食店が15軒・物販店が4軒入居しており、好みや予算・量・滞在時間などによって店を選べるようになっているのが特徴です。朝市で毎日仕入れる旬の魚介を使った食堂や、有名なラーメン店、豊富な海産物を取り扱うお土産店などが軒を連ね、函館の味がギュッと揃っています。

函館を味わい尽くせる!函館朝市どんぶり横丁の魅力

函館朝市どんぶり横丁の魅力の一つが、JR函館駅から徒歩1分・函館空港からはJR函館駅行きのシャトルバスで約20分という抜群の立地です。シティホテルや温泉地など、市内のどこに宿泊していても、バスや路面電車で簡単に行くことができますよ。どんぶり横丁という名前ですが、食べられるのは海鮮丼だけではありません。新鮮ないくらやホタテ・ウニなどがあふれんばかりにのった海鮮丼はもちろんのこと、ハラスやホッケなどの焼き魚などが手頃に食べられる食堂や、地元有名なラーメン店などもあります。店先には各店自慢のメニューが分かりやすく飾られており、どのお店にしようか、何度も通路を行き来してしまうはずです。また、毎月第4火曜日は「どんぶり横丁市場の日」となっており、ワンコインセールなどの楽しいイベントも行っています。函館に行く際は、ちょっと早起きして、活気溢れる函館朝市ドンブリ横丁にぜひ訪れてみてはいかがでしょうか?