札幌ラーメン!すすきのラーメン横丁

選びきれないほどの店が軒を連ねるラーメンスポット

北海道旅行といえば、美味しい物を食べ尽くす!というグルメ旅行が定番です。なかでもラーメンを食べ歩きたい、という人が多いのではないでしょうか。北海道旅行でラーメンを食べ歩く、と思い立ったときに最初に思い浮かべるのが、すすきのラーメン横丁です。
すすきのラーメン横丁は1951年に誕生した、味噌ラーメン発祥の地と言われている札幌の観光スポットです。現在は17の名店が軒を連ね、観光客や地元の人々で賑わっています。
すすきのラーメン横丁は店と店との間隔が近いため、どの店も美味しそうに見えて目移りしてしまい、本当に店選びには時間が掛ってしまいます。でも、それこそが、すすきのラーメン横丁の一つの楽しみ方になっています。しかし、混雑した観光スポットで店選びに時間を掛けたくないという人は、予め店を決めておくことが食べ歩きのポイントです。

濃厚で味わい深い味噌ラーメンを食べ比べる

札幌ラーメンといえば味噌ラーメンという人が多いですが、すすきのラーメン横丁では勿論、味噌ラーメン以外の味も楽しむことができます。でも、せっかく札幌でラーメンを食べ歩くなら、一杯くらいは味噌ラーメンを食べてみることをオススメします。
濃厚で深みのあるスープがちぢれ麺に絡まって、麺を吸うごとに口いっぱい味噌の風味が広がります。札幌味噌ラーメンは見た目はコッテリとしているので、食べる前のイメージは「味がくどそう」と感じてしまうラーメンが多いです。しかし、食べきった後に「まだ食べられそう」と思えるぐらい最後まで味に飽きない、というのが札幌味噌ラーメンの特徴です。そして、もう一杯を別の店へ行き「食べ比べる」という楽しみができるわけです。
北海道にグルメ旅行へ出掛けるなら、すすきのラーメン横丁に立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

首都圏と函館エリアを結ぶ新幹線が開通して以来、函館旅行とは新幹線で向かう形が推奨されている傾向です。しかし新幹線の駅は市街地からかなり遠いため、市の南部エリアを旅するならば飛行機の利用もおすすめです。